嵐山・渡月橋 パッチワークのようにカラフルな紅葉で染まる背景の山

渡月橋とは桂川左岸(北側)と、中州である中ノ島公園の間に架かる橋のこと。中ノ島公園から嵐山温泉や旅館が立ち並ぶ桂川右岸(南側)の間に架かる短い橋は実は別の橋で、渡月小橋と呼ばれています。
嵐山・渡月橋の紅葉写真
紅葉シーズンになると、渡月橋は混雑し、車両だけでなく歩行者も一方通行の規制がかかります。

路面電車に乗って嵐電の嵐山駅でいきなり嵐山の中心部に降り立ってしまうと意図的に渡月橋を渡る必要がありますが、阪急・嵐山駅から竹林の道や寺院散策に向かうには渡月橋を必ず渡らなければなりません。嵐山をつなぐ重要な橋。

2013年に発生した台風18号で川の氾濫に襲われても流出の被害に遭わなかったのは、橋脚と橋桁は鉄筋コンクリート製だから。嵐山の風景に溶け込むよう欄干部分は趣ある木造になっていますが、普段からバスも通る渡月橋は意外にも丈夫に作られています。

写真撮影日:2010年11月21日

京都 京都・紅葉散策 紅葉