くしもと大橋は本州最南端のループ橋。堤防道路を通って苗我島ループを旋回

くしもと大橋と苗我島ループ
本州最南端の町、串本とその沖合1.8kmに浮かぶ紀伊大島を結ぶ、くしもと大橋。この、くしもと大橋が実はループ橋であることを現地で目の当たりにするまで知りませんでした。潮岬から海沿いを走って見えた、このループ橋の光景に思わず車を止めて撮影。この後、さらに近付きます。

苗我島ループ
浅海交差点から、くしもと大橋に向かうのですが、ループ橋がある部分までは、実はまだ橋は始まっていなくて、堤防の上を通る道路を走行することになります。堤防道路を通って、気が付かない間に一旦、苗我島に上陸。くしもと大橋のループ部分は、この苗我島にあることから、苗我島ループとも呼ばれているようですね。

くるっと一周して上昇した後で、橋を渡り紀伊大島に上陸することになります。この紀伊大島は、和歌山県下最大の島であることも意外な発見。

写真撮影日:2013年02月11日

ドライブ ループ橋 和歌山 特殊地形