ピアノをイメージした外観のNEOPASA(ネオパーサ)浜松・上り。アーティストが実際に演奏している映像に連動して、鍵盤が自動に動くピアノ

ピアノをイメージした外観のNEOPASA浜松
新東名高速・初走行時に立ち寄ったNEOPASA(ネオパーサ)浜松。
浜松と言えばYAMAHAですよね。
このNEOPASA浜松(サービスエリア)の外観はご覧の通りピアノをモチーフにしてデザインされています。

アーティストが実際に演奏している映像に連動して鍵盤が自動に動くピアノ
建物の中にもピアノが置いてあって、一度は普通に通り過ぎたのですが、
よくよく見ると、鍵盤が勝手に動いているピアノがステージ上に展示されています。
無人のピアノが勝手に動くカラクリは、アーティストが実際に演奏している映像に連動して、鍵盤が自動に動くよう仕込まれていた為。
音楽イベントやライブも企画されていて、今までに無いサービスエリアで良いですね~

写真撮影日:2012年09月16日

サービスエリア ドライブ 静岡