二級河川本栖湖で、天使のリングを浮かべた富士山を激写

千円札に印字されている富士山の撮影場所 本栖湖
千円札に印字されている富士山の撮影場所、本栖湖。
写真家 岡田紅葉が撮ったものと同じこの場所では、カメラ片手に千円札を手に見比べる観光客もちらほら。

しかしこの日はそれどころじゃない。富士山の上空に浮かぶ雲が、輪っかを作り始めました。
本栖湖で、天使のリングを浮かべた富士山を激写
輪っかができていた時間は、5分程度。富士山の上空に出現する天使の輪としては、一般に見るものより太く、しかし中央部は綺麗にくり抜かれている、珍しい光景。

ところでこの看板。二級河川の「二」の数字が何か不自然ですね。もしや三級河川だとして、下の一本線が消えてしまったのか?という考えは、そもそも三級河川が存在しないのだから、不成立。調べると本栖湖に流入する河川は二級河川とのことで、この看板の表示は間違っていないということになる。元々一級河川だったものが二級河川になったが為に、不自然に一本付け足したのか。単純に看板を作るときに間違ってしまったのか。

写真撮影日:2007年12月01日

ドライブ 富士山 山梨