国道158号線・安房峠旧道を走行 安房峠の茶屋と岐阜と長野の県境を探す

高山と松本を行き来するのに有料道路の安房峠道路(中部縦貫自動車道の一部)は利用せず、高山側・平湯温泉の脇から、国道158号線をなぞって安房峠を目指すも1度目の挑戦は、冬季通行止め。
国道158号線・安房峠
5月のゴールデンウイーク中に訪れるも、安房の冬はまだまだ続いていて、例年5月末日まではご覧の通り。

国道158号線・安房峠
気を取り直して2度目の挑戦は6月に入ってから。今度は長野・上高地側から旧道に右折。ヒアピンカーブの曲がり具合は地図上からでも読み取れるが、その幅員の狭さは、対向車が来ると結構厳しい。安房峠道路が完成されるまで、この道路が主要道路だったのかと思うと、峠越えの苦労が伺えます。

国道158号線・安房峠
8号カーブだったか10号カーブだったか定かではないが、左に曲がりくねった行き先とは逆の右手には穂高連峰の絶景が視界に広がります。10月に訪れると山が黄色く染まっていました。

安房峠の茶屋
さらに進むといよいよ安房峠の頂点付近に安房峠の茶屋が見えてきました。安房峠道路の開通以後、峠の茶屋は営業していません。

国道158号線・安房峠
岐阜県と長野県の県境。
国道158号線・安房峠
さらに岐阜側に進むと、安房峠を記す看板があり、標高1780mと書かれていました。

写真撮影日:2009年05月02日

写真撮影日:2009年06月27日

写真撮影日:2011年10月10日

ドライブ 岐阜 長野