国道224号溶岩道路 火山灰が今もなお降り注ぐ桜島

火山灰が今もなお降り注ぐ桜島 溶岩道路
溶岩道路は桜島の溶岩地帯を走る国道224号線。少し走ればタイヤには火山灰が付着するし、地面やガードレールに手を伸ばせば、降ったばかりかと思える火山灰を触ることができるほど。「スリップ注意」の警告標識は、火山灰に対する注意を呼び掛けたもの。
溶岩道路 避難所
溶岩道路沿いの駐車場や広場には、桜島が噴火した際の避難場所になるトンネルがいくつも見られ、活動中の活火山のすぐそばを走っていることを実感しました。

写真撮影日:2011年08月12日

ドライブ 桜島 特殊地形 鹿児島